*

3dsデータをstepデータに変換してみよう(最終回)

公開日: : Topic

6.stepデータの編集

前回は「AutoCAD」を使用してdwgデータをstepデータに変換しました。
ここからは「AutoCAD Inventor」を使用します。

AutoCAD Inventorで先ほど保存したstepデータを開きます。
データ容量が大きくなっているはずなので、開くのに時間がかかりますが根気良く待ちましょう。

image-16

上図を見てもらえばわかるように、開いた直後は半透明になっていますのでこいつを治します。
「コンポジット」を右クリックして「半透明」のチェックを外します。

image-17

金ぴかになりました。

image-18

色を変えたい場合は「コンポジット」を右クリックして「プロパティ」→「フィーチャの外観(F)」から好きな色を選択します。

image-19

色が変わりました。

image-20

以上で変換作業は終了です。

image-21

最後に

この方法でいいのか分かりませんが、とりあえず変換できました。
今回は人物データを使用しましたがクルマ等のデータも同様の手順で変換できます。
ただし変換後のデータは見た目がカックカクのものになります。

また、この方法で変換したデータは容量が跳ね上がります。
今回のデータの場合、元データが約900KB、これをstepに変換すると約17MB、さらにiptに変換すると約80MBにまでなりました。
なので調子に乗ってたくさん配置するとパソコンのスペックによってはフリーズします。

 

関連記事

ragdoll_omake2

3dsデータをstepデータに変換してみよう(その1)

3D CADを使用していると、どうしても欲しくなるのが人物のCADデータ。 しかし人物というものは3

記事を読む

image-3-3

3dsデータをstepデータに変換してみよう(その2)

4.dwgデータの編集前回は「3ds Max Design」を使用して3dsデータをdwgデータに変

記事を読む

stairs-3-1
階段の2D,3D CADデータ -Part3-

 形鋼とグレーチングの階段の2D,3D CADデータです。

stairs-2-1
階段の2D,3D CADデータ -Part2-

 形鋼とグレーチングの階段の2D,3D CADデータです。

stairs-1-1
階段の2D,3D CADデータ -Part1-

 形鋼とグレーチングの階段の2D,3D CADデータです。

handrail-9-1
手摺の2D,3D CADデータ -Part9-

 SGPとフラットバーの手摺の2D,3D CADデータです。

handrail-8-1
手摺の2D,3D CADデータ -Part8-

 SGPとフラットバーの手摺の2D,3D CADデータです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑