*

3dsデータをstepデータに変換してみよう(その2)

公開日: : 最終更新日:2016/07/15 Topic

4.dwgデータの編集

前回は「3ds Max Design」を使用して3dsデータをdwgデータに変換しました。

ここからは「AutoCAD」を使用します。

AutoCADで先ほど保存したデータを開きます。

image-7

まずは身長を測ってみます。
このデータの場合、0.0466mmとかなり小さいです。
今回は身長を約175cmほどにしたいので、尺度を変更します。

image-8

目標の175cmになりました。

image-9

次にモデルをクリックしてみてブロック化されているところを全て「分解」してください。
このモデルの場合は頭と体の2パーツでしたが、データによってはもっと細分化されていることがありますので漏れなく分解してください。
漏れがあるとその部分は変換後に表示されません。

5.「dwg」 → 「step」 へ変換

分解が終わったら「ファイル(F)」→「書き出し」→「STEP」をクリック

image-11

ファイル名をつけるよう指示が出るので適当な名前を入力してエンター

image-12

もう一度聞かれるので、同じ名前を入力してエンター

image-13

dwgデータと同じフォルダに下図のようなファイルが2つ出来ているはずなので、拡張子がついていないほうのファイル名のうしろに「.stp」を付けてリネーム

image-14

stepデータが出来ました。

image-15

※この作業は出ない場合もあります。

ここまできたらAutoCADに用事はありませんので、閉じてもらってOKです。

今回はここまでです。
次回はstepデータをAutoCAD Inventorで編集します。

arrow 3dsデータをstepデータに変換してみよう(最終回)

 

関連記事

ragdoll_omake2

3dsデータをstepデータに変換してみよう(その1)

3D CADを使用していると、どうしても欲しくなるのが人物のCADデータ。 しかし人物というものは3

記事を読む

image-20

3dsデータをstepデータに変換してみよう(最終回)

6.stepデータの編集前回は「AutoCAD」を使用してdwgデータをstepデータに変換しました

記事を読む

corn-bar-1
カラーコーン用バーの2D,3D CADデータ

 カラーコーン用バーの2D,3D CADデータです。 長さの

corn-700-1
カラーコーンの2D,3D CADデータ

 カラーコーンの2D,3D CADデータです。 標準の700

ragdoll-19-1
人物(男性-簡易版)の2D,3D CADデータ -Part19-

写真を撮る人物の2D,3D CADデータです。 身長は約170cmです

ladder-4-1
タラップの2D,3D CADデータ -Part4-

 SGPとフラットバーのタラップの2D,3D CADデータで

ladder-3-1
タラップの2D,3D CADデータ -Part3-

 SGPとフラットバーのタラップの2D,3D CADデータで

→もっと見る

  • 人物(男性-簡易版)の2D,3D CADデータ -Part1-

    人物(男性-簡易版)の2D,3D CADデータ -Part1-

    chwcss

    JIS B 1111 十字穴付皿小ねじ の2D,3D CADデータ

    ragdoll155-1-2

    人物(女性-簡易版)の2D,3D CADデータ -Part1-

    stepladder-2

    脚立の2D,3D CADデータ

    piano1

    グランドピアノの2D,3D CADデータ

PAGE TOP ↑